赤ら顔はレーザーで治療できる!?

赤ら顔はレーザーで治療できる!?

 

赤ら顔の治療は、皮膚科においてレーザー治療で治すという選択の余地もあります。

 

ただし危険性が全く無いわけではないので、しっかりと考えて選ぶ必要があります。

 

赤ら顔のレーザー治療では、レーザー光を赤ら顔のところに直接あてる事によって治療していきます。

 

赤い色素にのみ反応するレーザーを使い、赤い色素や毛細血管にレーザーを吸収させて破壊します。

 

物理的に赤ら顔の原因にアプローチ可能なので効果は絶大です。

 

現状で確実に赤ら顔を治療する方法は、レーザー治療しかありません。

 

施術は一回5分から10分程度で終わり、最低何回か施術を受ける必要があります。

 

赤ら顔レーザー治療のコスト

 

赤ら顔のレーザー治療は、皮膚科や美容皮膚科などで行われています。

 

皮膚科の場合、赤ら顔が重傷だと保険が適用される時もあり治療費の3割で治療が行えます。

 

美容皮膚科の場合、保険は適用されないので1回1万円から2万円かかります。

 

皮膚科のレーザー治療でも軽い時は美容目的とされて保険は適用されません。

 

レーザー治療は、1回で治療が終わる事はありません、症状によって5回から10回位行います。

 

総額では15万円から30万円必要になる事もあり、途中でやめる訳にもいかずに支払うという人もいます。

 

最初にレーザー治療などを行って治療費が高価になる場合、医者がどれ位の治療費が必要になるかという事をしっかりと説明しなければなりません。

 

赤ら顔レーザー治療のコスト危険性をしっかりと理解した上で、レーザー治療をするかしないか決めないと後で後悔する事になります。

 

初めに、どれ位のコストが必要になるかという事を、治療に行く前に皮膚科などのホームページで確認した方が良いです。

 

皮膚科などで赤ら顔のレーザー治療を行う事がありますが、危険性がある事は知っておかなくてはなりません。

 

赤ら顔は、毛細血管の拡張や血行不良によって起こる事もあり、レーザー治療では、血行を改善したり毛細血管を破壊して治療して行きます。

 

しかし、これらの治療は、色々な副作用を伴ってしまう事があるのです。

 

例を挙げると、レーザー治療の後、やけどやシミ、かさぶたができる事があります。

 

これは、レーザー治療のとき、毛細血管だけではなく肌にダメージを与えてしまうからです。

 

レーザーは、患部に熱を与え毛細血管などを破壊するので、その時に周りの皮膚が傷ついてしまうのです。

 

やけどやかさぶたの他にも、赤ら顔がまだらになったり、一部分だけ白くなってしまうという事もあります。

 

なお、人によっては、逆に赤みがひどくなったという人もいますし炎症が起きたという人もいます。

 

高価な治療費を払ってこういった症状が起こる可能性がゼロではないので、治療前に注意深く考える事が重要です。

 

赤ら顔レーザー治療の危険性を減らすには、赤ら顔を皮膚科で治療する場合、レーザー治療の他にも治療法がいくつかあります。

 

赤ら顔の症状が重症の場合、レーザー治療を勧められる事もあると思いますが、危険性を考えると尻ごみする場合もあります。

 

レーザー治療を受けたいと思われるなら、安全性の高い施術数が多く失敗例が少ない皮膚科を選択する事が大前提です。

 

このようなレーザー治療をしてくれる皮膚科を探すには、ネットを使えばいいですが、病院の広告だけ見ても苦情は出てきません。

 

病院によっては、口コミ等がありますので、そちらで実際に赤ら顔のレーザー治療等を行った人の口コミを参考にして下さい。

 

実際に良い皮膚科の医者の先生に、赤ら顔のレーザー治療をしてもらえば、危険性も少なく赤ら顔の悩みも改善できます。

 

ただし口コミの悪いところだと、失敗するし何度も行かなくてはならなくなるので気を付けて下さい。

 

 

 

page top