白漢しろ彩はアトピーに効果ある?

白漢しろ彩はアトピーに効果ある?

 

アトピー性皮膚炎で入浴後は肌が30分くらいヒリヒリし、こすると顔が赤くなってしまうため、しろ彩を使用しはじめました。

 

使ってみると肌になじみやすく、伸びがよかったので簡単に顔全体につける事ができました。

 

肌もまったくヒリヒリしませんでした。

 

  • 1週間使ってみると入浴後でもヒリヒリしなくなり、しろ彩をつけた後に化粧水と乳液のスキンケアをしてピリピリしていましたが、それもなくなりました。

 

顔の赤みが少しずつ改善しているような感じで顔の赤みより、入浴後の肌がピリピリしないのが最もよかったです。

  • 2週間使ってみても入浴後の肌の刺激は感じられず、日中も肌のかゆみが少なくなってきました。

 

肌の角質が厚くなったのか皮膚をこすってもぽろぽろとれなくなりました。

 

入浴後の肌の刺激に耐えるのがなくなった事で精神的にラクになりました。

 

アトピー肌で赤ら顔になってしまうトラブルを持っている方でもしろ彩が有効ですね。

 

このように白漢しろ彩がアトピー肌の方でも機能面で優れたのは無添加化粧品だからです。

 

加えて荒れてしまった肌にも和漢植物エキスで肌のケアが可能なため、アトピー肌でも使えます。

 

白漢しろ彩で脂漏性皮膚炎対策できるの?

 

顔にできる脂漏性皮膚炎は軽い症状であれば自分でもケアできます。

 

脂肪分を多く食べていれば皮脂の分泌量は増えますが、男性のようにそもそも皮脂の分泌が多い事もあるので、脂分の多い食事は控えます。

 

脂漏性皮膚炎で湿疹や頬の赤みがとれず、炎症を起こしているため肌がヒリヒリします。

 

紫外線を浴びると皮膚の炎症がひどくなるので、肌がヒリヒリするのを悪化させないためにもちゃんと紫外線対策を行います。

 

紫外線対策を怠るとダメージを受けた肌が乾燥し、皮脂の分泌が多くなるので、脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチア真菌が増殖してしまいます。

 

人の肌にすみついているマラセチアは皮脂をエサにして、皮膚の刺激となる成分を作ります。

 

この成分でかぶれや皮膚炎を発症してしまうので、皮脂の分泌を止める事が大事です。

 

脂漏性皮膚炎の治療法はマラセチアを追い払えば皮膚炎の原因となる成分が作られません。

 

病院では抗真菌薬が処方されます。

 

炎症が広がって重症化している時、ステロイドや抗生物質が処方され、肌が荒れているとビタミンCの入ったビタミン剤が出る事もあります。

 

脂漏性皮膚炎が軽症の時に脂肪の摂取を少なくする事や紫外線対策を紹介しましたが、それと並行してしろ彩を使ったスキンケアをする事で、皮膚の炎症を抑え、保湿する事が可能なので、荒れた肌のバリア機能を高めるためにもしろ彩の使用もひとつの選択となります。

 

白漢しろ彩は毛穴の開きにもいいの?

 

鼻の赤みや毛穴の開きが気になる方はどっちも改善できる化粧品はないのか関心がありますよね。

 

毛穴の開きはクレンジングに問題がある事が多く、健康な時と同じ方法では肌に負担が大きく、乾燥しやすくなります。

 

クレンジングが強すぎて、肌にあるセラミドが流出してしまうと肌が乾燥しますので、保湿ばかりでなくクレンジングを見直す事も大事です。

 

そしてセラミドは年をとるごとに生成量が減るため保湿によって補います。

 

特にヒト型セラミドや天然セラミドを使った保湿剤がおすすめです。

 

しろ彩にはセラミドNGが配合されており、セラミドNGはセラミド2という名前に変わっています。

 

セラミド2の特徴として水分を保持する力が強く、水分のバランスを持続してくれるものですので、クレンジングによって流れてしまったセラミドを補うにはちょうどよい成分です。

 

しろ彩はプランクトンエキスで広がった血管を調整する働きのある成分が入っていますので血管が広がって鼻や頬に赤みができた時や乾燥による赤みが気になる方に最適の化粧水です。

 

肌が乾燥すると毛穴も開きやすくなりますので、乾燥による肌の赤みと毛穴の開きの2つを合わせてケアできるしろ彩は良い化粧水ですし、実際に使った方も毛穴の開きと乾燥による赤みを改善できたとのことです。

 

 白漢しろ彩は効果ない!?口コミで知った危険な事と被害について

 

page top