白漢しろ彩で赤ら顔が改善できる理由

白漢しろ彩で赤ら顔が改善できる理由

 

白漢しろ彩で赤ら顔が改善される!?

 

26歳女性(埼玉県)
学生の時から頬が赤いのがコンプレックスで、人の顔を見て話す事ができませんでした。

 

大人になれば治ると思っていたけど、なんとなく頬は赤いまま。

 

色々試しても治らず諦めていました。

 

でも、白漢しろ彩を使いはじめてから赤みが引いてきたのには驚きました。

 

今ではだいぶ肌もキレイになったし、自分にも自信が持てるようになりました!

 

29歳女性(山梨県)
ほっぺたと鼻の周りの赤みが取れなくて悩んでいました。

 

皮膚科で治療してもらってもすぐに元に戻ってしまうし、どういしたらいいのか分かりませんでした。

 

そんな時、白漢しろ彩が良いというのを知って試してみました。

 

使いはじめて2週間くらいで、赤みが減った感じがしました。

 

付け心地もいいし気に入っています♪

 

白漢しろ彩は赤み肌を改善するための化粧水です。

 

実際に使用してみて、効果がありそうと解答した人は91パーセント、長時間の潤いを感じた人は87パーセント、浸透力の高さを感じた人は83パーセントと、実際に使った人から絶大な評価を得ています。

 

口コミでは、白漢しろ彩は敏感肌でもピリピリしないという声があります。

 

他にも、赤みがいつの間にか改善してきたという人もいます。

 

こういった声が多い白漢しろ彩はどのような化粧水なのか紹介していきます。

 

白漢しろ彩は他の化粧水とアプローチが異なる

 

白漢しろ彩は、毛細血管に直接働きかけます

 

そもそも、赤ら顔の原因を知らない方が多く、なんとなく赤ら顔に良さそうな化粧品や有名なブランドだからとか、見た目で選んだりしてしまいがちです。

 

でもそれでは、無意味に化粧品を使っているのと同じになってしまいます。

 

赤ら顔の原因は、毛細血管のすき間によって赤血球が肌から透けて見えてしまう症状なのです。

 

白漢しろ彩は、その原因である広がってしまった毛細血管へ直接働きかけるので効果が期待できるのです。

 

白漢しろ彩は素肌と同じ構造の粒子

 

白漢しろ彩を語る上で欠かせないのが、ラメラ構造というものです。

 

ラメラとは、層状という意味です。

 

皮膚の細胞と細胞の間には、油(セラミド)と水分が層を作って影響しています。

 

この層のお陰で刺激を通さない肌になっているのですが、肌に刺激を感じたり加齢によってラメラ構造は壊れてしまいます。

 

ラメラ構造は刺激を通さないという役割と肌を潤わせるという役割のどちらもあるため、崩れてしまうと不必要に赤ら肌へとなっていく可能性があります。

 

白漢しろ彩は、このラメラ構造と同じ作りの粒子で化粧水を構成しています。

 

それ故、肌は不自然さなく白漢しろ彩を受けてくれます。

 

だから浸透力が高いのです。

 

ラメラ構造は崩れてしまうので、化粧水などから補ってあげると良いのです。

 

だから白漢しろ彩を使い続ける事で肌の調子が良くなっていくという人が多くいるのです。

 

 

page top